脱毛するとワキガになってしまう可能性があるって本当?

ワキガはアポクリン汗腺から出る臭いの強い汗が原因のものです。個人の体質により違いがあり、一部は疾患として扱われる場合があります。通常汗をかく場合はエクリン汗腺からでるもので大半が水分で、体温調節に重要な役割を果たします。ストレスなどなにか原因を伴ったときにでる汗はアポクリン汗腺から出るもので、アポクリン汗腺に含まれる物質により雑菌が繁殖して臭いを発生することもあります。
ワキガは遺伝します。遺伝する確率は高く、どの人でもワキガが出てしまうことは珍しくありません。疾患として扱われることもありますが命にかかわる病気ではありません。

日本人はとても臭いに敏感であるため、ワキガを疾患であるとし治療する人も少なくはありません。臭いの強さは個人差がありますが、あまり強い臭いを放たない場合は普段から脇裏のケアをすることである程度臭いを抑えられます。生活面では脂質の少ない食事を心がけることによりアポクリン汗腺の活動を抑えられます。近年の日本人の食事内容は脂質の多い食事の摂取が増えているので効果的が期待できます。洋服は速乾性の下着を着ることにより雑菌が繁殖するのを抑えます。最近では脇裏をアルコールで除菌することにより雑菌をふやさないようにする物も売り出されたりもしています。

これらの対策をすることによりワキガは防ぐことが可能です。それでも臭いが治まらない場合は医療機関で診断することが必要となります。

ひげ脱毛に使えるクリーム